内臓脂肪面積が100cm²以上のまま、減らさなかったらどんなことが起こるの?

閉じる

内臓脂肪面積が100cm²以上で、その後も内臓脂肪を増加させてしまった人では、心血管疾患の発症率が高いことがわかっています。

内臓脂肪蓄積者の、4年間での内臓脂肪の増加と心疾患の発症率出典: Okauchi et al, Atherosclerosis 212, 2010, 698-700. より作図

この研究では、初年度内臓脂肪が100cm²以上でも、毎年の保健指導で4年の間に内臓脂肪の減少に成功した人達では、
減少しなかった人達に比べて、心血管疾患の発症率が抑えられました。

今100cm²以上の方こそ、生活改善を始めてみましょう!

監修:医学博士 福田千晶 先生

前の質問

次の質問

閉じる