更年期以降は太りやすくなるって本当?

閉じる

「最近太りやすくなっちゃって。それに、コレステロールも高くなってねえ……」とは、閉経を迎える女性に
よく聞かれる話ですが、それはいったいなぜでしょう?

大きな原因としては、「女性ホルモンの量の変化」が挙げられます。更年期以降は女性ホルモンが激減するために、
内臓脂肪型肥満の割合が増加してしまいます。なぜなら、女性ホルモンには悪玉コレステロールや中性脂肪の上昇を
抑える作用があるため、その大事な働きを行なっている女性ホルモンが減少すると、内臓脂肪が増えてしまうんですね。

これが、更年期以降に中性脂肪やLDL-コレステロールが増加しやすい、つまり、脂質異常症(高脂血症)になりやすい理由です。
となれば、より一層、食事に注意し、運動する習慣を継続しないといけません。脂質異常症は自覚症状がないため、
血液検査で定期的に状態を調べておくことも大切です。また、若いうちから内臓脂肪がつきにくい生活習慣を身につけて
おくことが、閉経後に急に脂肪を増やさないための予防にもつながります。

女性ホルモンの分泌量食べる早さとBMIの関連

更年期で心配なことは、もうひとつあります。それは、骨粗しょう症へのリスク。つまり、骨の量です。

骨の発育には、女性ホルモンとカルシウム、そして、日光と適度な運動が必要です。更年期以降は女性ホルモンが激減するため、
骨をどんどん作っていくことは困難となります。むしろ、これ以上減らないように努力することが大切な時期。
言いかえれば、更年期までに(女性ホルモンが激減する前までに)、しっかりと骨を作っておく必要があるのです。

女性ホルモンが減少すると、骨量のコントロールが困難になることはしょうがないこと。
その前に、「きちんと食べ、しっかり動く」を実践し、骨をしっかりと作っておきましょう。

監修:医学博士 福田千晶 先生

閉じる